洗い物のとき結婚指輪は外す?外さない? - 結婚指輪 手作り.com埼玉からのアクセス

HOME » 埼玉からの手作り指輪 » 洗い物のとき結婚指輪は外す?外さない?

洗い物のとき結婚指輪は外す?外さない?

結婚指輪は洗い物の時外す?

結婚指輪にシンプルなデザインが多いのは、日常的に身につけられるようにです。

結婚指輪を毎日身につけているという人はいますが、洗い物や掃除のときはどうでしょうか。

結婚指輪をつけっぱなしという人もいれば、その都度外しているという人もいます。

どちらがよいのでしょうか。

洗い物のとき、結婚指輪はなるべく外したほうがいいです。

指輪を汚さないというのが第1の理由です。

一見汚れていないように見えますが、溝に汚れがたまり、傷がつきます。

洗剤で指から抜けやすくなるというのが第2の理由です。

なくさないためにつけっぱなしにしているのに、洗い物が紛失の原因になっては本末転倒です。

指輪をつけっぱなしにしていたせいで外れなくなるおそれがあることが最後の理由です。

私たちの指は、年を重ねるごとに太さがかわります。

家事などで指を動かしていると、それだけ節が太くなりやすいです。

抜けなくなった指輪は、切らなければなりません。

適度に外して指と指輪の大きさを確認したほうがよいでしょう。

洗い物だけではなく料理のときも、衛生面から外したほうがよいです。

大きな荷物を運んだり持ったりするときも、指輪は歪みやすいので外したほうがよいです。

つけっぱなしの人は、こまめなお手入れを忘れないようにしましょう。

お手入れや傷のことを考えると、ペンダントとして身につけられるデザインの結婚指輪を選ぶと楽です。

洗い物中でもつけられる指輪

洗い物中でもつけられる結婚指はがないかと探しましたが、残念ながらないようです。

手のひらは日常的に様々な刺激を受けています、つけっぱなしの指輪の劣化は避けられません。

埼玉の手作り結婚指輪

埼玉にも優秀な手作りの結婚指輪の工房はあります。

すべて2人で作ってもよいですし、デザインだけを考えて、作るのは職人におまかせするという方法もあります。

デザインだけ考える方法は、加工を職人におまかせするので、優れたデザインの結婚指輪を作れます。

手作りで結婚指輪は作る場合は、デザインをあまりこだわることはできませんが、思い出になります。

どちらにせよ時間はかかるので、早めに作り始めるのがよいでしょう。