結婚指輪のサイズは大きめ、小さめどっち?平均的なサイズは? - 結婚指輪 手作り.com埼玉からのアクセス

HOME » 埼玉からの手作り指輪 » 結婚指輪のサイズは大きめ、小さめどっち?平均的なサイズは?

結婚指輪のサイズは大きめ、小さめどっち?平均的なサイズは?

結婚指輪を選ぶとき、どのくらいのサイズを選んだらいいのか分からないという人も多いと思います。
結婚指輪はサイズ直しが可能なのですが、内側に刻印を入れたり、ダイヤモンドを入れることでサイズ直しが出来ない場合もあります。
そこで、女性の平均のサイズと男性の平均のサイズについて見ていきたいと思います。

女性・男性の平均のサイズとは?

女性の場合、結婚指輪のサイズで平均的なのは8号〜10号と言われています。
一方、男性の場合は13号〜18号が平均と言われていて、ジュエリーショップなどではこの平均のサイズから外れる場合、お店にリングがないことも考えられます。
指輪指輪のサイズは内径13.0mmが1号となり、サイズがきついからと言って1号サイズを大きくするとブカブカになってしまう可能性もあります。
女性の場合は妊娠や出産等で結婚指輪がきつくなってしまうことも考えられるのですが、大きすぎる結婚指輪を購入してしまうと、かえって指輪を紛失しやすくなる可能性もあります。

0.5単位でサイズを変えるのがおすすめ!

サイズが小さい、サイズが大きいという場合は、1号サイズを変えるというよりも0.5単位でサイズを変更したほうがいいと思います。
1号サイズを変えてしまうときつくなりすぎてしまったり、大きくなりすぎてしまう可能性もあります。
しかし、0.5単位でサイズを変更すればきつくなりすぎず、大きくなりすぎない結婚指輪となるので多少妊娠や出産で指が大きくなってしまったとしても、結婚指輪をつけ続けることが出来るでしょう。

このように結婚指輪のサイズを決めるときは、どのくらいのサイズが良いのかで迷ってしまうことも多いです。
女性の場合は指が大きくなることも考えて、0.5単位でサイズを変更し少し余裕のあるサイズの結婚指輪を購入したほうがいいでしょう。
しかし、内側に刻印やダイヤモンドなどの宝石を入れないという場合は、指輪のサイズが変わったタイミングでサイズ直しをして、自分の指に合う結婚指輪を選んだほうがいいと思いますよ。