結婚指輪の太さは印象を決める大切な要素 - 結婚指輪 手作り.com埼玉からのアクセス

HOME » 埼玉からの手作り指輪 » 結婚指輪の太さは印象を決める大切な要素

結婚指輪の太さは印象を決める大切な要素

太さによる印象

結婚指輪のデザイン要素と言えばラインや装飾と思われますが、指輪の太さも同様に注目してほしい要素で、指輪の太さで印象も大きく変わるのです。

一般的に結婚指輪の太さは2.5~3mmと言われていて、2.5mmを境に印象が変化します。

そこで、指輪の太さによる印象の違いを知っておくと、結婚指輪を選ぶ際のひとつの参考にできるのです。

太さが2.0mmの指輪は細い部類に入ってきゃしゃな印象になりますし、愛らしく上品な雰囲気になるので手が小さい人や指が細い人におすすめします。

ただ結婚指輪は男性も身に着けるので、男性の場合は繊細なイメージを与えられる半面で頼りない感じがあるのです。

2.5mmの太さの結婚指輪は細過ぎず太過ぎずちょうど良い太さで、着け心地が良くて普段使いしやすいという特徴があります。

また男性も女性も自然な印象で身に着けられるため、太さもお揃いにしたいという二人にはおすすめです。

太さが3.0mmの指輪も同様に自然な雰囲気で身に着けられて、男性でも手に馴染みやすいですし、女性でも程よい存在感があってしゃれたイメージになります。

4.0mmの太さの結婚指輪なら刻印やアレンジができますし、二人の指輪を重ねるとイニシャルやモチーフが浮き出るような仕掛けもできるので面白いです。

男性が身に着けると存在感がたっぷりあるのですが、女性の場合は重厚感がプラスされてやや男性的なイメージになってしまいます。

長年愛用できる結婚指輪を

細いほど上品な印象に、太いほど力強く存在感があるといったように、結婚指輪の太さで印象が変わるため、異なる太さの指輪を着けて比較し選ぶと良いです。

また年齢を重ねることも考慮して、長い目で見て愛用できる結婚指輪を選ぶことをおすすめします。

もし既製品でお気に入りが見つからないのなら、制作可能なデザインが豊富な手作りの結婚指輪を作ることを検討してみると良いでしょう。

手作りできる工房を選ぶ際には様々な比較ポイントもありますが、アクセスする時に楽な工房を選ぶと便利です。